山形県ジャンルの詳細カテゴリー

鶴岡市(184) 酒田市(121) 戸沢村(17) 三川町(7) 庄内町(27) 遊佐町(49)

由良温泉

日本の渚100選、快水浴場100選に選ばれた美しい景観と八乙女伝説のロマン息づく由良海岸。日本海に沈む夕陽と朱塗りの橋が架かる白山島が織り成すコントラストはまさに絶景です。

雪の降る町を 鶴岡冬まつり イルミネーションとライトアップ

白亜の洋風建築物の旧西田川郡役所・大宝館がライトアップされるとともに、鶴岡公園疎林広場にある「雪の降るまちを」記念モニュメントの周りにもイルミネーションがほどこされます。雪景色の夕暮れ時が幻想的でロマンチックです。

摩耶山

摩耶山(標高1,019m)は標高の割にきつい登山道と山頂からのすばらしい眺望で登山者に人気があります。頂上からは鳥海山や荒沢ダムなど360度の大パノラマが楽しめます。山野草やブナの新緑が美しい5~6月、紅葉の10月がおすすめの時期です。山形県名勝指定(昭和36年)。登山口:朝日地区からは倉沢口、温海地区からは越沢口と関川口があります。

湯殿山

湯殿山は標高1,500mで月山に連なり、伊勢・熊野と並ぶ三大霊場のひとつです。その北側中腹、梵字川の侵食によってできた峡谷中には、五穀豊穣・家内安全の守り神として崇敬される湯殿山神社があります。出羽三山の奥の院とも呼ばれ、月山・羽黒山で修行をした行者がここで仏の境地に至るとされています。

羽黒山(石段と杉並木)

羽黒山・湯殿山・月山の出羽三山は、全国有数の修験の山として知られています。その中で羽黒山(標高414m)には、三山の神を合祭した出羽三山神社の社殿・三神合祭殿が山頂にあります。参道には国宝五重塔があり、2446段の石段と杉並木が続き、神聖な雰囲気を漂わせています。

高館山

標高274mの低山にもかかわらずブナ・ナラなどの落葉広葉樹林や豊富な動植物などにより形成され、林野庁から自然休養林の指定を受けています。遊歩道が整備され、自然に親しむいこいの場として「森林浴の森100選」にも選ばれました。ハイキングコースやバードウォッチングの場として大変人気のある山。7月下旬-8月中旬に、ふもとの上池の湖面一面をハスの花々が彩る様子は必見の価値ありです。

金峯山

標高459m、国指定名勝。庄内海浜県立自然公園。山頂からの景観が特にすばらしい。登山道の杉根の階段は特異なものがある。

熊野長峰

摩耶山地の北縁に当たる標高430mの山。山頂からは、庄内平野を眼下に、西に日本海、北に飛島、鳥海山、遠くは男鹿半島も一望でき、その風光明媚な眺めは、しばし疲れを忘れさせてくれます。

月山

日本百名山のひとつ、出羽三山の主峰「月山」は標高1984mで山岳信仰の聖地となっています。山形県のほぼ真ん中にそびえ立ち、磐梯朝日園立公園の北域にあたります。険しい岩肌となだらかない高原をあわせ持ち、希少な高山植物も多いことから散策やトレッキングで多くの人々が訪れます。

四の滝

10月下旬の紅葉の時期には、温海川自治会主催の「金山坑道 四の滝巡りトレッキング」が開催される。