瀬波温泉せなみおんせん

瀬波温泉
瀬波温泉は、明治37年に石油掘削中に熱湯が噴出したもので、豊富な湯量と温度(95℃前後)の熱さが自慢。鯛の島、粟島を眼前に、清澄な日本海と緑豊かな松林の続く海岸は、白砂青松の言葉がぴったりの海水浴場としても知られ、とりわけ旅館やホテルから水着姿でとんでいける素晴らしさは、まさに夏のビーチリゾート。 城下町・村上の歴史と文化:新鮮な山海の味覚が魅力の温泉です。
問い合わせ先

0254-52-2656 瀬波温泉旅館協同組合

ジャンル・エリア 新潟県村上市温泉