多層民家「旧遠藤家住宅」

(朝日地区)《山形県指定有形文化財》四層構造の多層民家の里として知られている田麦俣。緑の中に茅葺き屋根の民家が点在。昔話の世界に迷い込んだ錯覚さえ覚える…

鶴岡カトリック教会 天主堂

(鶴岡地区)鶴岡公園の正面口を東に歩いていくと赤い屋根と白亜の聖堂で市民に親しまれている鶴岡カトリック教会天主堂がみえてきます。フランス人ダリベル神父の全財産と寄付により、明治36年(1903年)に建てられました。設計は、宣教師として活躍しながら、佐渡の両津教会や京都の旧聖ザビエル教会(現在は明治村に移築)など日本の教会堂を数多く手がけたパピノ神父で、明治ロマネスク様式建築の傑作として名高く、国指定重要文化財となっています。鶴岡カトリック教会は、旧庄内藩家老の末松家の屋敷跡に建てられたもので、入り口の門は当時の武家屋敷の面影を残す和洋混在の一風変わった空間です。敷地内にある幼稚園の子どもたちのかわいらしい声を聞きながら門をくぐり、天主堂のドアをあけると、高い天井の曲面(リブ・ヴォールト天井)の美しい聖堂が目に入ってきます。バジリカ型三廊式とよばれるつくりで、高さは23.7メートル。見学者のために自動音声ガイダンス機能も備えられています。聖堂の左側にある副祭壇には、日本でただ一体の「黒いマリア像」が安置されています。この天主堂ができた記念にフランスのデリヴランド修道院から贈られたもので、世界的にも珍しく貴重なものです。

長山邸跡

(鶴岡地区)元禄2年(1689)6月10日(陽暦7月26日)、俳聖松尾芭蕉は羽黒山を下って、鶴岡城下に住む庄内藩士 長山五郎右衛門重行の屋敷に入りました。芭蕉翁は出羽三山参拝の疲れかすぐに休息しましたが、夜になって曽良・重行・呂丸と歌仙をまいたといいます。「めずらしや山をいで羽の初茄子」は、そのときの翁の発句で、食膳に供された鶴岡の名産「民田なす」が目にとまったものと言われています。長山重行は、呂丸や岸本公羽と共に蕉門の偉人として、鶴岡俳壇に重きをなした人物で、元禄13年に外に屋敷替えになりますが、屋敷跡が残る山王町のこの界隈は、今も長山小路と呼ばれています。

羽黒山 五重塔 (国宝)

(羽黒地区)羽黒山参道、“一の坂”上り口の杉並木の中にある。東北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝えられる。現在の塔は、約600年前に再建されたものといわれる。高さが29.0mの三間五層柿葺素木造で、昭和41年には国宝に指定された。近くには樹齢1000年、樹の周囲10mの巨杉“爺杉”がある。

庄内藩校 致道館

(鶴岡地区)庄内藩の士風の刷新と、優れた人材の育成を目的に、文化2年(1805)酒井家九代目藩主・忠徳公が創設した藩校です。徂徠学を教学とし、自主性を重んじた教育方針で、各自の天性に応じ長所を伸ばすことに主眼がおかれ、質実剛健な教育文化の風土を育む土壌となりました。現在は、表御門、聖廟、講堂、御入間などが残っており、国指定史跡として一般に公開され、たくさんの人が訪れています。この藩校建築は、現存するものとしては東北地方唯一のもので、歴史的、文化的にも価値が高いものとして知られています。

風間家旧別邸 「無量光苑 釈迦堂」

(鶴岡地区)丙申堂より約50m北側に位置する無量光苑釈迦堂は、良質の杉材を使った数寄屋風建築で、明治43年(1910)、丙申堂の別邸として建てられた建物。主に来客の接待などに使われていました。

加藤清正公墓碑

(櫛引地区)寛永9年(1632年)6月1日熊本城主加藤肥後守忠広公は幕府の忌諱に触れ領地52万石を没収せられて庄内藩守酒井忠勝公に預けられ丸岡一万石に移封された。在住22年承応2年(1653年)当地に没したが、その2年前の慶安2年には母堂即ち、父清正公の御正室も当地に於いて逝去された。その後父清正公のお骨も丸岡に埋葬されていることが伝えられて来たが、昭和24年12月天澤寺境内の五輪塔の下見調査の結果肥後の国弓野焼の壷に納っている御骨を発見した。山形県指定史跡(昭和38年)

旧風間家住宅 「丙申堂」

(鶴岡地区)風間家は、鶴岡城下で庄内藩の御用商人として発展し、後に鶴岡一の豪商となり産業の振興に力を注ぎました。明治29年丙申の年、武家屋敷跡に風間家七代当主・幸右衛門によって住居と営業の拠点として建てられた丙申堂は、薬医門(約200年前の武家門)のある商家として当時の繁栄ぶりをよく残しています。約4万個の石が置かれた石置屋根が特徴で主屋を中心に4つの蔵や広大な板の間と大黒柱など、豪商の往時の面影を今に伝える貴重な歴史遺産として国指定重要文化財にも指定され、注目を集めています。

やすらぎ公園

(櫛引地区)やすらぎ公園は、黒川橋下流の赤川右岸沿い1.5kmにおよぶ桜堤の公園。ソメイヨシノ、サトザクラ、シダレザクラ計280本からなり、つづく中川堤のソメイヨシノの老木40本を合わせて2.2kmの桜回廊をなす。拠点広場にはトイレ・水飲み場もあり、家族でピクニックや軽スポーツなどを楽しむことも可能。冬には親水広場周辺に白鳥が飛来する。

湯田川温泉 梅林公園

(鶴岡地区)鶴岡公園より車で20分。湯田川温泉 春の名物といえば「梅」と「孟宗竹」。温泉街を見下ろすように名勝・金峯山の山懐に、約300本の紅梅・白梅が咲き乱れます。3月下旬-5月上旬、見ごろの土日には梅まつりが開催され、野立てなども行われます。梅のほかに、ぼたん、つつじ、さつき、あやめ、水仙なども楽しめる竹林に囲まれた風光明媚な公園です。