長山邸跡ながやまていあと

長山邸跡
(鶴岡地区)元禄2年(1689)6月10日(陽暦7月26日)、俳聖松尾芭蕉は羽黒山を下って、鶴岡城下に住む庄内藩士 長山五郎右衛門重行の屋敷に入りました。芭蕉翁は出羽三山参拝の疲れかすぐに休息しましたが、夜になって曽良・重行・呂丸と歌仙をまいたといいます。「めずらしや山をいで羽の初茄子」は、そのときの翁の発句で、食膳に供された鶴岡の名産「民田なす」が目にとまったものと言われています。長山重行は、呂丸や岸本公羽と共に蕉門の偉人として、鶴岡俳壇に重きをなした人物で、元禄13年に外に屋敷替えになりますが、屋敷跡が残る山王町のこの界隈は、今も長山小路と呼ばれています。
備考
(営業時間・料金など)

http://www.tsuruokakanko.com/cate/p0025.html

ジャンル・エリア 山形県施設歴史的建造物・史跡等見る鶴岡市