加藤清正公墓碑かとうきよまさこうぼひ

加藤清正公墓碑
(櫛引地区)寛永9年(1632年)6月1日熊本城主加藤肥後守忠広公は幕府の忌諱に触れ領地52万石を没収せられて庄内藩守酒井忠勝公に預けられ丸岡一万石に移封された。在住22年承応2年(1653年)当地に没したが、その2年前の慶安2年には母堂即ち、父清正公の御正室も当地に於いて逝去された。その後父清正公のお骨も丸岡に埋葬されていることが伝えられて来たが、昭和24年12月天澤寺境内の五輪塔の下見調査の結果肥後の国弓野焼の壷に納っている御骨を発見した。山形県指定史跡(昭和38年)
備考
(営業時間・料金など)

http://www.tsuruokakanko.com/cate/p0284.html

ジャンル・エリア 山形県施設歴史的建造物・史跡等見る鶴岡市