秋田県ジャンルの詳細カテゴリー

にかほ市(45)

象潟海水浴場

「日本の夕陽百選」に選ばれ、夕景の美しさで知られています。「快水浴場百選」にも選ばれ、約2kmの海岸線は砂浜、小磯、松林が美しく、遠浅の海は人気です。他に、小砂川・赤石・平沢のいずれにも水のきれいな海水浴場があります。

象潟海水浴場キャンプ場

サイトは松林の中に広がっていて、夏でも涼しく快適。

象潟海水浴場が真正面にあり。トイレ・炊事場あり。

仁賀保高原キャンプ場

11サイト。炊事場、温水シャワー、水洗トイレ完備。

大小の湖沼とさわやかな風の中ゆったりとすごせる。リピーターが多い。

サイクリングロードあり、でっかい鳥海山と真っ白な風車を見ながら1周約7.5キロの専用ロードを走る。

三崎公園キャンプ場

三崎公園の一角で、奇岩怪石の小砂川海岸も見えます。

テントサイト20 炊事場、トイレ

JR象潟駅からバス23分

 

勢至公園

市民の憩いの場となっている勢至公園は、県内でも有数のさくらの名所。1,000本にも及ぶソメイヨシノが空を覆い尽くし、静かに水をたたえる観音潟(かんのんがた)と竹嶋潟(たけしまがた)、仰ぎ見る鳥海山(ちょうかいさん)との組み合わせはまさに絶景で、昭和52年には新観光秋田30景の1つに選ばれています。 この見事なソメイヨシノは、日露戦争に出征した金浦出身の有志が明治40年その凱旋記念として植樹したことに始まり、その後の植樹運動の高まりとともに本数を増やし、現在の美しい桜回廊がつくられています。特に、観音潟の周囲1kmに枝を広げた桜並木は見所の1つ。県内で最も早く楽しめる桜の散策スポットとして人気を集めています。 園内には他にもツバキ、マルバグミ、ツツジなどが次々に花をつけて訪れる人の目を楽しませています。また、勢至山に自生する暖地性の「タブの木」は、その数130本にのぼり、日本海側では最北限の群落地として、昭和47年に県の天然記念物に指定されています。 古くから金浦随一の景勝を誇る勢至山一帯は、かつてこの地から木の仏像が出土し、それが「得大勢至菩薩」の姿だったという言い伝えがあります。その敬虔な振興を受け継ぐように、園内や近くの金浦山神社周辺には、安政4年(1857年)に西国三十三札所になぞらえられた33体の観音石仏が建立されています。 そして、これらの石仏の姿が水面に映ったことからその名がついたという観音潟は、縄文時代晩期の紀元前466年に噴火した鳥海山の泥流によってつくられたという太古のロマンをたたえながら、現在はヘラブナ釣りのメッカとして愛好者たちに親しまれています。また、竹嶋潟の中央に浮かぶ島は大蛇伝説が残る「禁断の島」でしたが、平成2年に白瀬南極探検隊記念館が完成して周囲の整備が進み、現在では市民たちの格好のジョギングコース、散策路となっています。

鳥海山

海抜0mから1,100mまでかけのぼる鳥海ブルーラインを通り、4-5合目から見る紅葉は見ごたえ十分です。

東北第2の高峰「鳥海山」登山

日本百名山の1つで、「出羽富士」ともよばれる容姿端麗な秀峰「鳥海山」四季折々の山野草を眺めながら地元ガイドが御浜までご案内します。

マイナスイオンたっぷりの獅子ヶ鼻トレッキング

平成の名水百選「出つぼ」や奇形ブナ、世界的にも稀少な「鳥海マリモ」のほか、四季折々の山野草を眺めながら地元ガイドがご案内します。

仁賀保高原サイクリング

鳥海山の裾野標高500mに広がる広大な草原を、鳥海山・風車・湖沼・四季折々の山野草を眺めながらサイクリングできます。近くにはジャージーソフトで大人気の土田牧場もあります。

飛良泉酒蔵見学

1487年創業の創業以来500有余年、26代にわたり酒造りを続け頑固なまでに昔ながらの山廃仕込みにこだわり、きめの細かい手造酒を守り続けています。その製造工程を視察し、試飲することもできます。